1. HOME
  2. 固体力学研究室
  3. 研究室概要
固体力学研究室
固体力学研究室

固体力学研究室

研究室概要

西村研究室では,原子間に生じる相互間力を分子動力学法という計算手法を用いて評価し,材料の変形をシミュレーションすることで,ナノスケール材料の変形メカニズムについて検討しています.

  • 分子動力学法による固体材料の変形挙動解析

    原子レベルから変形・破壊メカニズムを検討

    科学技術の発展に伴う急速な製品の小型化により, 製品を構成している材料は,マイクロからナノサイズの構造が要求されるようになりました. このように,非常に小さなスケールでの材料特性を考える場合, 原子・分子あるいは電子まで離散化して評価することによって, 全体を均一な連続体として扱ったのでは理解しづらかった微視的なメカニズムが明確となります. 本研究では,原子(あるいは分子)の運動を直接解く分子動力学法を用いて, 原子レベルでの動的な変形・破壊現象を検討しています. 主に対象としている材料は, 金属ガラスやシリカガラスなどのアモルファス構造を有している材料や, カーボンナノチューブなどのナノスケール材料です.